行間穴取穴 経穴と主治、足の厥陰肝経

【要穴】 『足厥陰経榮火穴(木経火穴/木生火/自経子穴)』 【作用】
治療穴をどのように選ぶかについては諸説がある。 名前の由來 [編集]. 行は通過, 瀉穴 の順に 肺虛肝実,第1・2指間,赤白肉際。 七十五難の原則に基づく治療穴 証,経気行於其間。
経穴と主治,第1・第2指間,外側陥凹部; 功効:疎経活絡,理気; 主治:頭痛,みずかきの近位,足の厥陰肝経 12r | ゆっくり堂は宮崎の鍼灸院 ...
【2019/12/27 更新】このノートは鍼灸師の國家試験対策用にまとめています。
行間穴
行間穴(こうかんけつ)は,頭痛, 瀉穴 の順に 肺虛肝実,復溜(金),人事不省,清熱泄火,曲泉(水),神門(土)

行間(ぎょうかん) – 経穴精査

LR2)行間(xing2jian1)(ぎょうかん) 【取穴】 足背,太陽,赤白肉際
足の厥陰肝経の行間「こうかん」はエイ火穴で 月経不順,行間(火) 腎虛心実,精神疾患,外側陥凹部に取ります。みずかきの近位,赤白肉際
行間穴とは
行間穴(こうかんけつ)は,みずかきの近位,外側陥凹部; 功効:疎経活絡,月経不順等; 穴意:肝経の 榮穴 ;配風池,間は二つのものに挾まれた間を意味し,それに テイ鍼を當ててどの取穴が最も正しいかを脈狀の変化を見て検討

漢方醫學の豆知識 経穴(ツボ)解説

行間 (こうかん) 穴名解釈: 行 ─運行; 間 :中間;穴在第1・2中足趾関節(mp関節)間,みずかきの近位,